いつか土に帰る日まで。

by くり

力を抜く。

b0216571_23531641.jpg
力を抜けない。余計な力が入っている。それで人一倍疲れるのかもしれない。
仕事量からして、そうクタクタになることもないはずなのに疲れる。
年のせいではなく、若い頃からそんな気がする。
からだだけではなく、気持ちの上でもいつも余裕がない。

困ったなあ・・・効率悪いなあ・・・と感じながら60年も生きてきた。
いつも通っている接骨院へ仕事帰りに寄った。
背中バリバリですね~。そうなの。力入ってるでしょ。入ってる入ってる。
どうやったら抜けるの? 難しいですねー
性分なのかな。違います、からだを使う習慣がそうなってる。・・・のだそうです。

そう言えば、うつ病の頃、『筋肉弛緩剤』を処方された。
服用していると確かに楽だった。
筋肉弛緩剤ではない、力の抜けるもの、コツを開発していこう!

その1つ。くまモン。
ディズニーもスヌーピーもキティちゃんも興味がなく、今までキャラクターで好きなものは
なかったけど、なぜか熊本県のキャラクター『くまモン』を最近気に入っている。
地震被災の応援もあり、時々熊本県のアンテナショップで買い物をするようになった。
くまモンがついているふりかけやデコポンゼリーなどを買っている。
くまモンの顔を見るだけで、ちょっと嬉しい。

[PR]
# by julie9352 | 2017-07-21 00:06 | ひとりごと | Comments(0)

涼しかった。

夏好きな私でも暑い。
食事を作るのも命懸けのような気がする。
何もしないでご飯を食べられる家族に八つ当たりしたくなる。
今日は息子と私が休みだったので、7~9月に夏休みをとれる夫も
その休みを1日充て、鳴沢付近にドライブに出かけた。
もっと計画を立て、行ったことのない場所へ出掛ければいいのだけど、
3人共そういうことに豆ではなく、大抵同じようなところへ行っている。
本栖湖をぐるっと周り、精進湖畔まで降りた。
平日で車はスイスイ、釣りをしているおじさんくらいしかいない。
カラスがのどかに、つがいでボートにとまっていた。
うぐいすの鳴き声にエコーがかかっていた。
日帰り温泉に入り、鳴沢の道の駅で野菜をたくさん買った。
信じられないくらい涼しかった。カーディガンが欲しいくらい。
風がとても気持ちよかった。
私は繊細な人間ではないけど、風には敏感なのだ。
冷たい高原の風に吹かれると、決まって頭痛がする。
扇風機の風も苦手だけど、今日の風は本当にちょうどよかった。
さあ、また明日から頑張ろう。
b0216571_23081226.jpg


[PR]
# by julie9352 | 2017-07-13 23:34 | お出かけ・イベント | Comments(0)

結婚式

ゴスペルメンバーの結婚式に参列させていただきました。
おばさん、やや・・・おばあさんに近いメンバーがほとんどだけど、
ちょびっと若者もいるのです。
そして、もちろん歌わせていただきました。それもステンドグラス輝く教会で。
この教会で歌うのは何度もあり、でも今日が一番感動しました。
心なしか、いつもより歌も上手に聴こえたような気がします。
先生もニコニコ。
佳い一日でした。
クリスチャンでなくても神様に感謝します。

お二人がずっと今日の気持ちを忘れず、日々歩んでいけますように。
一年のちょうど真中、私たちもまた新たな気持ちで生活できそうです。
b0216571_22464843.jpg
b0216571_22471259.jpg

[PR]
# by julie9352 | 2017-07-01 22:40 | お出かけ・イベント | Comments(0)
日曜日にゴスペルチャリティコンサートが終わった。
実行委員として反省点もあり、先生は下手!どうして何度言っても直らないの?
と怒っていらっしゃる。
しかし、まぁ当たり前で最高の幸せ。病人、怪我人、事故事件なく終了した。
残務整理はあるものの、一日10通も20通ものメーリングやラインは来なくなった。
静かな日々・・・になるかな。

ギターもしばらく手にしていない。大好きな手芸もできなかった。
読書は幼い頃は人付き合いが苦手(今も同じ)のこともあって、
ひとりで読書の時間が多かったのに、最近はちっとも読めない。

読みたい本がある。ネガティブ・ケイパビリティ
「答えの出ない事態に耐える力」だそうだ。
帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)さんの本は2冊くらい読んだことがある。
自分には一番欠けている力だと思う。
私だけではないだろう。解決しそうにない事態に強い人なんて少ない。

頑張れば終わる仕事、先の見えるもの。
手伝ったり応援してくれる人のいる人生に心から感謝する。
b0216571_1625848.jpg

[PR]
# by julie9352 | 2017-06-07 16:03 | 読書 | Comments(2)

メンテナンスの日々

『弱り目に祟り目』とはよく言ったものだ。
思えば3月くらいから弱り目だった。
ひどい花粉症ではないけど、6~7年前から目は痒くなる。
ものもらいのように、目の下が腫れぼったくなるのは、
花粉症のせいとばかり考えていたけど、弱っていたのでした。
とうとう眼科へ。乾燥、疲れ目とのこと。

年末か今年に入ってからか右腕が痛かった。
その内治るだろうと湿布を貼ったりカイロにしてみたり・・・
あれ?治らない。友だちに紹介され、接骨院に2月から通っている。
鍼灸もやってくれ、頭痛が続いたときは首や頭、額に鍼。よく効く!

しかし不調が続くと、今まであまりしたことのない『自分を労わる」
ということをする。知恵も働く。悪いことばかりではない。
しっかりメンテナンスをすると長持ちしそうだ。

写真は東北の仮設住宅の方からいただいたバラ。
薔薇と漢字で書くより、バラという字のほうが似合う。
素朴できつい色ではなく、毎年咲いてくれる。今年は花が多かった。
昨年冬に入る前、寒肥という肥料をあげたのが良かったのかもしれない。
他の花も今春はたくさん咲いてくれた。
人間と一緒。草花も手入れ。
b0216571_0553697.jpg

[PR]
# by julie9352 | 2017-05-20 00:55 | 料理・お菓子・生活 | Comments(0)