いつか土に帰る日まで。

by くり

祈る。

心から望む。希望する。念ずる。辞書を見ると、そう書いてある。
しかし今回の震災の被害は、あまりにも、とてつもなく大きく、祈っている場合ではない。
何かしなきゃ。自分には何ができるだろう。何かしない訳にはいかない。
焦っても仕方ないけど、日々困っているかと思うと早いほうがいい。
寄付したお金が早速役に立っているのならいいけど、分配を決めるのにも時間がかかる。
それより実際に使えるものや、食料かな。
ネットでいろいろ検索したら、食器を寄付できるところを見つけた。
http://blogs.yahoo.co.jp/riburibuo/63026025.html
まず、ここから始めよう。

母が退院した。蕁麻疹(じんましん)は相当ひどい。早速、午後は皮膚科クリニックへ。
勝気そうな女医さんなのですが、それなら治してよね。
ギター早く帰って来ないかな。肩が凝った。毎日セーターを2枚ずつ手洗いしている。
明日は仕事。机の上にあったFAXを配置換えし、少しスペースができた。
小さなグラスにベランダの花。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-12 23:58 | ひとりごと | Comments(0)