いつか土に帰る日まで。

by くり

ずっと。

始めることは、わりあいやさしい。そのときは、パワーがあるから。
辞めることも、物事にもよるけど、辞められるものなら、辞めればいい。
続けることが一番むずかしい。
ここ10年くらいは、続けられそうもないことは始めていない。
人生も残り少なくなってきているので、付き合いでとか、衝動的にということは、できるだけしたくない。
今関わっていることは、すべてずっと続けたいと思う。
これから、ややおばあさん、すごくおばあさん、もしかしたら90,100歳まで生きるかもしれない。
おばあさんになっても、カッコよくゴスペルを歌えたらいいなと思う。そのためには、足腰鍛えないと。
あの人は、ただのおばあさんじゃなくて、ギターが弾けるのよ、と言われたい。
ファミリーハウスのボランティアも、手芸も、長く長く続けたい。
ずっと続けるためには、強い意志と意識が必要だけど、自分と家族の健康、家族の理解も要る。
家族に感謝しよう。そして、『ずっと』と言える環境にも。
ゴールデンウィークを利用して、多くのボランティアが現地に入った。
現地だけでなく、至るところで働いている人たちがいる。義援金は、ずっと僅かでも続けたい。
昨日、被災地に送る食器を包んだ。できることを探して、ずっと続けたい。
政治家の方々には、くれぐれもつまらない足の引っ張り合いでなく、一刻も早く決めるものは決め、
動いていただきたく、お願いします。
[PR]
by julie9352 | 2011-05-01 23:19 | ひとりごと | Comments(0)