いつか土に帰る日まで。

by くり

優先順位。

今なにを先にすべきか考えなさい、と若い頃母によく言われた。
どうも母から見ると「どうでもいいこと」を「しなければいけない」ことの前に
やっていたようだ。
しかし、私は何事に於いても「どうでもいいこと」などしたことはない。
大体いつだって、どうでもいいことまでやる閑もなかった。

大人になって、仕方なく物事に優先順位をつけざるを得なくなったけど、
とてもそれが残念だ。
そもそも「優先順位」という言葉が嫌いだ。
優先とはなんだ。失礼な偉そうな言い方に私には聞こえる。
優先順位からテキパキと片付けていき、それが「仕事のできる聡明な人」と
考える人たちも好きになれない。

実生活には役に立ちそうもないことをたくさんしたい。
ただ空も見ているとか雨の音を聴いているだけとか犬と話をする・・・
用事がなくてもぼやっと歩く 青空の下で昼寝をする
憧れる
[PR]
by julie9352 | 2015-04-05 00:32 | ひとりごと | Comments(0)