いつか土に帰る日まで。

by くり

海の広さを知った時

昨日はジュリーの誕生日でした。
タイトルは曲名。『自由と憧れと友情』というタイガースのアルバムの収録曲。

毎日自分なりに頑張っているつもりでも、「海の広さ」の前では小さな小さなもの。
目に見えないくらい小さい。
だけど、それで虚しくなったりしない。
頑張って何になるなんて思わない。
すっぽり包んでくれるような、ゆったり静かな大人の歌です。

詞は安井かずみさん、流石です。
曲はゴールデンカップスのエディ藩さん。こんな素晴らしい曲を当時かいていたなんて!

♪海の広さを 知ると なぜか そこには ひとり 遠くを見つめる 僕だけ♪

♪昨日までの僕は死に はるかな 風の中に 生まれる心♪

♪海の広さを知ると いつか 生きていく ことの 孤独をわかる♪

あの世に渡るとき、よくお花畑というけど、生きている間はずっと歩いていって
海に吸い込まれるように逝きたいと願うこの頃です。
[PR]
by julie9352 | 2015-06-26 23:47 | 音楽 | Comments(0)