落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

色いろ①

紅葉の季節。
同時に店頭はクリスマス一色になった。
クリスマスの赤、緑、金銀は華やかだけど、自然の色には勝てない。
特別に出かけなくても、街路樹の紅葉が見られる昨今。
色彩を楽しめるということは、美味しいものを食べることと同じくらい幸せ。

好きな色は?と聞かれて、「色は何でも好き」と答えたかつみ(加橋かつみ・タイガースのトッポ)の
感性はすばらしい。
暗い色も冴えない色も味わいがあるし、派手な色を引き立ててくれもする。
わ!きれいと買ったはいいけど、持て余していた派手な布がモスグリーンやグレーの
おかげで活きられる。
ピッタリ決まったとき、派手ではないほうの色に「ありがとう」と思わずお礼を言う。

色って人間と同じ。
お互いがあって、はじめて活きるのかもしれない。
[PR]
by julie9352 | 2015-11-27 23:33 | ひとりごと | Comments(0)

いつか土に帰る日まで。


by くり