落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

星に願いを。

昨日、日付がかわったから一昨日は七夕。
商店街や病院などで願い事の短冊がかけられた笹の葉を見かけた
信心深くないのか、必死に願い事をしなくて済む恵まれた環境にいるのか、
あまり願い事をしたことがない。

ただ一つ。
最近のバングラデシュの襲撃テロ、東北、熊本の地震、毎日起きる事件、事故、自死。
たくさんの若い命がなくなっていく。
若くない命だって、長寿日本に於いてはまだまだこれからだったはず。
私の手伝っているファミリーハウスを利用する子供も、ご家族の身を粉にするような
看病の甲斐なく亡くなる子もいる。
亡くなった人の数だけ遺族がいる。「族」だけでなく、友だちや恋人がいる。
遺された人は少なからず後悔する。後悔するだけでなく自分を責める。
こうしてあげればよかった、守ってあげられなかった、こうなったのは自分のせい。

あなたのせいではありません。
どうか自分を責めないでください。
自分を責めている人が、自分を責めなくなりますように。
[PR]
by julie9352 | 2016-07-09 00:43 | ひとりごと | Comments(0)

いつか土に帰る日まで。


by くり