いつか土に帰る日まで。

by くり

菜種梅雨。

夕方遅くになってやんだけど、今日は一日雨だった。
冬の雨のように冷たくない。
実は休日の朝、カーテンをめくって雨が降っているとほっとする。
今日は散歩に出なくてもいい。母との散歩がつらい。
実際つらいという表現を使うほどつらくはないけど、
あーあまたか、と正直うんざりする日も多い。

菜種梅雨は言葉の美しさと共に、私の気持ちに休みをくれた。

写真は後楽園の桜。昨日、一年に一回は会いましょうねが恒例になっている
15歳年上の友人に会った。時折小雨がパラつく中、後楽園の桜を愛でた。
老いの話、自己チューの人の話、だけど病気になって可哀そうだ、
学歴が高い人ほど冷たいだの、逃げないでやっていればいいことあるわよだの
人には義務というものがあるなど。喉がカラカラになるまで、たくさん話をした。
人とたくさん話さない私には珍しいことなのだ。

洗濯には困るけど、もう少し菜種梅雨でいて欲しい。
b0216571_22365190.jpg

[PR]
by julie9352 | 2017-04-09 22:36 | ひとりごと | Comments(0)