いつか土に帰る日まで。

by くり

メンテナンスの日々

『弱り目に祟り目』とはよく言ったものだ。
思えば3月くらいから弱り目だった。
ひどい花粉症ではないけど、6~7年前から目は痒くなる。
ものもらいのように、目の下が腫れぼったくなるのは、
花粉症のせいとばかり考えていたけど、弱っていたのでした。
とうとう眼科へ。乾燥、疲れ目とのこと。

年末か今年に入ってからか右腕が痛かった。
その内治るだろうと湿布を貼ったりカイロにしてみたり・・・
あれ?治らない。友だちに紹介され、接骨院に2月から通っている。
鍼灸もやってくれ、頭痛が続いたときは首や頭、額に鍼。よく効く!

しかし不調が続くと、今まであまりしたことのない『自分を労わる」
ということをする。知恵も働く。悪いことばかりではない。
しっかりメンテナンスをすると長持ちしそうだ。

写真は東北の仮設住宅の方からいただいたバラ。
薔薇と漢字で書くより、バラという字のほうが似合う。
素朴できつい色ではなく、毎年咲いてくれる。今年は花が多かった。
昨年冬に入る前、寒肥という肥料をあげたのが良かったのかもしれない。
他の花も今春はたくさん咲いてくれた。
人間と一緒。草花も手入れ。
b0216571_0553697.jpg

[PR]
by julie9352 | 2017-05-20 00:55 | 料理・お菓子・生活 | Comments(0)