いつか土に帰る日まで。

by くり

ネガティブ・ケイパビリティ

日曜日にゴスペルチャリティコンサートが終わった。
実行委員として反省点もあり、先生は下手!どうして何度言っても直らないの?
と怒っていらっしゃる。
しかし、まぁ当たり前で最高の幸せ。病人、怪我人、事故事件なく終了した。
残務整理はあるものの、一日10通も20通ものメーリングやラインは来なくなった。
静かな日々・・・になるかな。

ギターもしばらく手にしていない。大好きな手芸もできなかった。
読書は幼い頃は人付き合いが苦手(今も同じ)のこともあって、
ひとりで読書の時間が多かったのに、最近はちっとも読めない。

読みたい本がある。ネガティブ・ケイパビリティ
「答えの出ない事態に耐える力」だそうだ。
帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)さんの本は2冊くらい読んだことがある。
自分には一番欠けている力だと思う。
私だけではないだろう。解決しそうにない事態に強い人なんて少ない。

頑張れば終わる仕事、先の見えるもの。
手伝ったり応援してくれる人のいる人生に心から感謝する。
b0216571_1625848.jpg

[PR]
by julie9352 | 2017-06-07 16:03 | 読書 | Comments(2)
Commented at 2017-06-08 15:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by julie9352 at 2017-06-09 22:11
毎日確かに一生懸命やっているけど、時々虚無の風が吹く。どうでもいいや、と思うこともある。
だけど、やはり歌うのは私には必要なことみたいです。楽しいというより必要。
来月はギター発表会があって2曲一人で演奏。曲決めてない練習できてない、大変大変。。
夏が来るのはうれしいな。六文銭に『夏・二人で』という曲があります。聴いてみて。ギターがキラキラしてる。