落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ひとりごと( 115 )

仲よしだったんだね。

キャンディーズの3人は、本当に仲よしだったんだね。
今日は仕事だったので、テレビでは見なかったけど、インターネットのニュースが
スーちゃんの告別式を伝えていた。事務所に一人だったのをいいことに、泣いた。
帰宅して夕食を作りながらも、ニュースを見ては泣き・・・
これを書きながらも、泣き過ぎて、頭痛がする。
3人はかけがえのない友だち、きっと友だち以上でしょう。
最後まで3人が仲よしでいられて、本当によかった。
幸せな幸せな人生でした、という感謝の言葉をのこして逝ったスーちゃん。
ずっと闘病していたのに、感謝の言葉を言えるなんて。強くやさしく賢明なひとなんだ。
スーちゃん、天国にきっと病気はないから、みんながいくまで、安心して楽しく待っていてね。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-25 23:26 | ひとりごと | Comments(2)

歌う。

毎年開催している私たちのコンサートを来月に控え、今日は自主練習日だった。
先生はいらっしゃらず、メンバーの中でピアノを弾ける人が弾き、英語の発音をチェック
してくれる人がいて、不安な音や言い回しを復習し、楽しく充実した日曜日だった。
昨日の嵐が嘘のように、快晴。暑いくらい。レッスンであまり会えない仲間にも会えた。
ただいま、と母の部屋に行くと、『寒いわね』 いつも、寒いと言っている。
実際、寒いのだ。手足が信じられないくらい冷たい。
2ヶ月続いた下痢がようやく治まったというか、薬で無理矢理抑えている。
それでも何回目かで、やっと効く薬が処方された。
しかし、痒みがひどい。かゆくて、夜眠れない。
だけど、気分よく帰ってきただけに、具合悪いという現実に戻ると、ゲンナリ。
すっかりいやになって、練習の疲れもあり、眠ってしまった。
(いやになると眠れないのが普通かもしれないけど・・・)
それで、起きて考えたのだけど、いや普段も思う。悩みがなかったら、歌うだろうか。
やさしい人ばかりに囲まれ、お金にも時間にも不自由せず、病気に無縁の生活だったら、
歌うことはないだろう。
歌うことは、私にとって浄化作用があり、祈りであり、もちろん元気の素。
元々、絵も舞踏も演劇も小説も、芸術はすべて生きていくために必要なのだ。
芸術の原動力は、マイナスなことのほうが多いのかもしれない。
それにしても、1曲1曲をちゃんといつでも歌えるようにしたい。コンサートに向かって頑張ろう。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-24 23:49 | ひとりごと | Comments(0)
女の子の代表のようだった、元・キャンディーズのスーちゃん(田中好子さん)が亡くなった。
ショック。同い年です。20年近く経って、乳ガンの再発。
その20年間だって、いつ再発するかに心穏やかではいられなかっただろう。
女優として、まだまだこれからだったのに。
キャンディーズの時代は、世の中が明るかった。
家族が揃って見られるようなテレビ番組が多かった。
キャンディーズの3人の中でも、一番普通の女の子らしい愛くるしさを持っていたスーちゃん。
見ているだけでうれしくなるような笑顔。
スーちゃん、夢と希望をたくさんありがとう。
闘病は、心身ともにどんなにかつらかったでしょう。ゆっくりやすんでください。
いつまでも、スーちゃんの笑顔がおじさんたちの心の支え、安らぎになりますように。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-23 00:37 | ひとりごと | Comments(0)

花冷え。

寒い。
4月は寒暖の差が大きい。私はこの季節がきらいだ。
暑いか寒いかのどちらかにしてもらいたい。
着るものに困る。スプリングコートなんて、洒落たものは持ってない。
要するに、今日は機嫌が悪いのだ。
母の具合がよくならない。入院する前の2月末とほとんど変わらない。
80歳になって、よくなろうと考えるのが図々しいのだろうか。
かわいそうなのと、腹立たしいのと、自分が動けないイライラで、爆発寸前です。
とにかく今夜は寝よう。
ただ、『花冷え』という響きはきれいだ。
曲の題名にしてもいい。作曲なんてできないけど。
日本語は美しい。今夜はそれだけが救いのような気がする。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-21 23:53 | ひとりごと | Comments(0)

もう少しだけ。

最後の詰めが甘いと、自分で思う。
8~9割までは頑張るけど、最後近くになると気力体力が続かなくなり、
けっこう頑張ったんだからと、妙に納得してしまう。
あまり頑張ると身体に悪いとか、前回よりはいいからと急に自己肯定に入る。
もう少しだけ。
もう少しだけやってみよう。違う景色が見えてくるかもしれない。

今月始めて、ゴスペルのレッスンに出た。
久しぶりに大きな声を出して、今だけちょっとハスキー。
コンサートまで1ヶ月と1週間。曲、ちゃんと覚えなきゃ。
歌うって本当に喜びが湧いてくる。泉のように。
健康にもいいんですってね、と言う人がいるけど、そういうことじゃないのよ。
好きなことは、何でも健康にいいのです。たとえ健康に悪いことでも。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-21 00:08 | ひとりごと | Comments(0)

雨。

朝は慌しかったので、寒さを感じなかったけど、気がついたら寒かった。
久々の雨。植木の水遣り、今朝は要らないんだと寝ぼけた頭で雨の音を聴いていた。
晴れの日ばかり続くと、雨が恋しくなる。そして、作物に雨は重要。たぶん人間にも。
人生、晴れの日ばかりではない、とよく言われる。
晴ればかりでは育たないことは、作物も人間も同じこと。
なのに、どうして晴ればかりに憧れるのか。
上手くいかなかったことや、いやな思いは消し去ってしまおうとするのか。
でも、やはり消したい。だから、水に流す、っていうんだ。
なんて、ブツブツ言っていられるのは、あまり困っていないからだろう。
たくさんのものが、ものだけでなく、家も家族も思い出も職場も学校も希望も流されてしまった、
今回の震災。雨のように泣き続く時間がとり戻せますように。
もうこれ以上の雨が降りませんように。どうか『その先』が一日も早く見えますように。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-19 23:14 | ひとりごと | Comments(0)

自家発電。

ちょっと元気のないメールをもらったとき、『誰も元気をくれないから、自家発電している』と
返信したことがあった。『自家発電はいいですね!』とかえしてくれた。
何といっても、自家発電の方法はギターを弾き、歌うこと。
もっと手軽なのは、コーヒーを飲む、チョコレートかアイスクリームを食べる。
それと大好きな昼寝、うたた寝。15分寝るだけでも、かなり元気になる。
すぐ寝られて、すぐ起きられるのは特技に入るかもしれない。
人から元気や勇気をもらうこともあるけど、自分のことは自分が一番よく分かるから、
こまめに充電しながら、やっていこう。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-18 23:49 | ひとりごと | Comments(0)

言葉。

うれしいときは感情をそのまま言葉にしていい。
人を褒めるときや感謝の気持ちを伝えるときは、遠慮することはない。
だけど、自分の気の済むためだけに言葉を使うべきではない。
分かっちゃいるけど、あ!と思ったときには発してしまう。
母は私のことを『強くなった。言うことがきつい』と言う。
『そう?私が強くなったんじゃなくて、ママが弱くなったんでしょ。』と答える。
心の中では、「よく言うよ。自分はもっときついこと言ってたくせに」とも思う。
本当に弱くなったのだから、普通のテンポもつらいのだからと思うものの
四六時中思いやってはいられないのだよ。
言葉だけでもやさしくしてあげられればいいけど、「言葉だけ」というのは到底無理で
やはり感情そのものになってしまう。そのものよりも、少しは柔らかくしているつもりだけど。
一言多いと、よくいうように、ちょっと手前で辞める訓練をしよう。それができれば苦労しない。
人間だけが持っている(でもカラスもしゃべっているように聞こえるけど)言葉だから
賢く使いたいと切に願うこの頃です。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-17 00:28 | ひとりごと | Comments(0)

整理整頓。

かなり久しぶりに、会社のデスクの引き出しを片付けた。
いつも目の前の仕事に追われて、気になりながら時間をとれなかった。
整理整頓は、趣味といってもいいくらい好きなのだ。
好きというより、散らかっていると何も手につかない。
片付けずにはいられない病気かもしれないとも思う。
地震後も片付けてばかりいた。
あまり使っていない口座を解約したり、アルバムを整理したり。
だけど、整理整頓だけしていても何もならないよね。

『物は少なく 口数少なく 心豊かに』、が私の理想。
毎日、心豊かになる前にくたびれてしまっている。
だけど、きっと、くたびれないで心豊かにもなれないだろう。

明日は、先週壊れてしまった掃除機を修理に出すか、新しいのを買うかで
秋葉原へ行く予定。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-15 23:50 | ひとりごと | Comments(0)

光の見つけ方。

明るい場所では、それ以上の光は必要でなく、既に明るいのだから、光は目に見えない。
暗闇で光るものこそ本物だ。しかし、あまりに暗いと光は射すだろうか。
どうやって、光を見つければよいのか。
陽の射すほうを向いて生きていきたい。
でも、陽のあまり当たらない人を放ってはおけない。
放っておけたら、苦しまずに済むのにな。

母はちっともよくならない。5kgも体重が減って、人相が変わってしまった。
震災に遭った人に比べたら幸せだ、と思えばいいのか?
きれいなものも、心ときめくことも、今は身体に入って来ない。
母の身体だけでなく、私にも。

でも毎晩ギターを弾いている。臨時のギターだけど、歌うとほっとする。
ほっとするだけで、あまり元気にならない。
そう言いながら、ご飯を残さず食べ、出かけるときは身だしなみを整える。
洗濯とお弁当作りと水やりをして、毎朝自分が出かけるギリギリまで寝ている夫に腹を立てる。
けっこう元気だ。一緒に元気失くしてどうするの。明日はまさとくんが来る!
[PR]
by julie9352 | 2011-04-13 23:57 | ひとりごと | Comments(0)

いつか土に帰る日まで。


by くり