落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ひとりごと( 112 )

夏の終わり

気温がストンと落ちた
猛暑、酷暑から解放され、身体も楽になった
でも夏の終わりは いつも嫌い
何年経っても このさびしさに慣れることはない

ひどい事件が起こり、世界のあちこちで戦争をしている事実も
あまりに暑いと 考えなくてもいいような気がする
涼しくなったから 少し考えないとね

気温が落ちると 喘息を起こす人もいる
楽になった途端 糸が切れることもある

考えても仕方ないから せめて祈る

秋風が やさしく吹きますように
[PR]
by julie9352 | 2015-08-24 22:48 | ひとりごと | Comments(0)

レディファースト

通勤の地下鉄内のこと。

目の前の座席が空き、坐ろうかなと横を見ると初老の男性。
初老なので、ひどくおじいさんではない。
初老の方も、私もお互い「どうぞ」となった。
その男性は、自分のほうが年取っているけど、
やはり女性に譲るべきとおもったようだ。
でも、「いいえ、どうぞ」ともう一度言うと、ありがとうと腰をかけた。

降りる駅で開くドアがその座席と反対なので、後ろを振り向くと
青年が席を譲ってくれた。30歳台前半かな。もっと若いかもしれない。
「僕が坐って、この人が立ってるってことはない」という感じだった。
ちょっとはにかんで、とてもさり気なく。
ありがとうと気持ちよく坐らせていただいた。

たったそれだけのことだけど、お二人とも私をレディとして扱ってくださったようで
嬉しかった。またはただの、くたびれたおばさんだったのかもしれない。
それでも、お二人とも一瞬の行動が優しくスマートで、気持ちのよい
一日のスタートだった。
[PR]
by julie9352 | 2015-07-24 22:55 | ひとりごと | Comments(0)

狭間

説明するまでもなく、物と物の間の、文字とおり狭いところ。

物と物の間には空間が必要だけど、
気持ちと気持ちの間は微妙だ。

狭間なんてないほうが楽だろう。
例えば好きか嫌いか。行くか行かないか。話すか話さないか。

やるだけやったから後悔はないと言い切ることのできる人は
狭間に堕ちる(あるいは落ちる)ことのない人なのだとおもう。
私は堕ちて(落ちて)ばかり。
ばかり、でもないか。
けっこう、やるだけはやっている。
猪突猛進型の人間だから。

でも後悔する。
[PR]
by julie9352 | 2015-07-14 00:33 | ひとりごと | Comments(0)

原点

中学2年生のとき、かつみ(タイガースのトッポ)のファンになった。
周りにかつみファンがいた訳でもないのに、それどころか世の中ジュリーー!の時代、
あんな暗い人のどこがいいの?とさえ言われた。
なのに、なぜか突然一人で好きになった。
もうタイガースを脱退し、マリファナ事件も起こした後だった。

初めて「コンサート」に行ったのは、かつみのコンサート。サンケイホールだった。
チケットをどうやって買うかも知らなかった。
周りにかつみファンはいなかったので、一人で調べ買いに行き、
コンサートも一人で出かけた。
ファンクラブへ入ると会報が届くようになったけど、母に「あんな事件を起こす人」と怒られ
辞めるように言われた。そこでファンクラブのお姉さんに手紙を書いた。
個人名で送ってください、とお願いしたのだ。

ライブハウスに行きたかったけど、中学生の身。
兄も姉も年上のいとこも近くにいなかったので、夜出かけられなかった。
ライブのある日の夕方、ライブハウスに電話をかけたことがある。
かつみと電話で話すことができた。ライブ前リハに入る時間帯を考えてかけたのだった。
家からそんな電話をかけられないので、公衆電話から。

六本木に当時あった「加橋かつみファンクラブ」も一人で見に行った。
生まれてはじめての六本木。右も左も分からない、住所を頼りに。
小さな中庭のあるマンションだった。その中庭で『花の首飾り』を歌って帰って来た。

突然好きになる、誰にも相談せず一人で行動する、
褒められたことではないけど親に嘘をつく、
知恵を絞り、情熱を傾け、好きなことには努力する。

かつみに出会わなければ、私はただの人形だったとおもう。
[PR]
by julie9352 | 2015-07-06 23:29 | ひとりごと | Comments(0)

大きなアゲハチョウ(という種類だとおもう)に出会ったのは、コンサートの2日くらい前。
洗濯物を干していて、地面で羽をバタバタさせている蝶に気づいた。
どうして飛んでいかないんだろうと、よく見ると片方の羽が半分くらいしかない。
飛びたいのに飛べない。ずっと歩くように羽をバタバタさせている。
少し休んだら?と声を掛けると、日陰になる場所で一時休憩。
でもまた動き出し、洗濯干しの周りを歩いている。見ているのがつらい。

見たくなかった。見るとしてもコンサートの後がよかった。
「チャリティ」コンサートである。誰かの何かの役に立ちたいと願っている。
滅多にハイな気分にならない私でも、コンサートの前は『Let’s go!』という気持ちでいる。
なのに、こんな小さな生き物も助けられない。
蝶は何を食べるのかな。飛べなくても小さな虫を食べられるだろうか?
心配しながら洗濯物を干し終え、仕事へ出かける。

翌日も蝶は前日と同じように動き回っていて、安楽死させてあげられるならとさえ考えた。

コンサートの翌日、高さ40~50cmくらいある植木の花に蝶のいるのを見つけた。
あ!元気になったんだね。よかった!一瞬すごくうれしかった。
その蝶はすぐ飛んでいったのだけど、たぶんあの蝶とは違うだろう。
いくら理科音痴の私でも、そのくらい分かる。

でも、とても似ている蝶で、大きさも同じくらい。
飛んでいった蝶は、あの蝶を吸収してくれたのだと考えたい。
見えないものに支えられて私たちは生きているような気がする。
[PR]
by julie9352 | 2015-06-16 23:00 | ひとりごと | Comments(0)

理想

物は少なく、できるだけ口数も少なく、心豊かに。
これが私の理想だ。

1つ目の「物は少なく」は実行している。
整理魔なので引き出しの中まで、わりあいいつも片付いている。
しかし片付けに要する時間が長く、あるとき気がついた。
そうだ、物を少なくすればいいんだ。早く気づけよという感じである。
なるべく物を買わない、増やさない、あるもので済ますことを心がけている。
増やさないだけでなく、できるだけ減らしたい。
何年も前、マザーテレサ展を見たとき、マザーテレサにはほとんど「私物」というものの
ないことに感動した。聞けば『聖書と今着ているサリー(洋服)とサリーを洗うバケツ、
もう1枚サリーがあればよい』とのこと。
こうはいかないけど、変なものを残されたら息子が困るだろう。
自分で自分の物を捨てるのはいいけど、他人の物を捨てるのはいやなものだ。
家族を他人とは呼ばないかもしれないけど、私は自分以外はすべて他人と考える。

2つ目の「口数少なく」は実行というより、元々それほどおしゃべりではない。
愚痴も悪口も言わなければ、もっと格好いいけど、凡人なので多少は言う。
ただ愚痴も悪口も言ったところで、何の解決にもならず、自分の品格を落とすのと
時間の無駄ということだけは知っている。
言えばすっきりするという人もいるけど、私はあまりすっきりしない。

3つ目の「心豊かに」はなかなか到達できない。
2つ目まである程度できているなら、少しくらい近づいてもいいのではないか。
何歳になれば近づけるのか。この歳でだめなら一生だめなのだろうか。
頑張って「心豊か」になるとはおもえない。
では、どうすればよいのでしょう。器の問題なのだとおもう。
小さい器なら、たくさん入れずに、入って来たものを慈しむようにしたい。
それと、心だけは空を飛びたい。
[PR]
by julie9352 | 2015-04-19 23:03 | ひとりごと | Comments(0)

better

good better best

最近不機嫌です。特に不機嫌になる理由はないけど。
考えてみれば一日12時間以上は働いている。仕事だけでなく家事の時間が長い。
さらに母の付き添いや送り迎え。その他、その他は全部主婦にくる。
ゴスペルもギターも続けている、続けられるのは大変幸せだとおもう。
文句を言ってはいけない。自分の時間などとれない重病人、障がいのある人を
家族に持つ方も多くいらっしゃる。

しかし、時々バカヤローと言いたくなる。
バカヤローの気配を感じると、息子と夫が多少ウロウロする。
その前からウロウロしてもらいたい。
家族なんていなかったら、全部自分の時間なのに、と罰当たりなことも考える。

よく「ベストを尽くす」と言うけど、ベストを尽くせる人は幸せだ。
ベストを尽くしているそばの人は、自分のベストを尽くせないだろう。
若い頃、時間はほとんど全部自分のものだったのに、ずっとぼーっとしていた。
あの頃ベストを尽くせたのに、そういう対象がなかったのだ。
人生は難しい。手に入らなくなると、とても欲しくなる。

どうすればよいか。bettrです。
昨日より少しbettrな日になるとうれしい。
[PR]
by julie9352 | 2015-04-12 22:00 | ひとりごと | Comments(0)

優先順位。

今なにを先にすべきか考えなさい、と若い頃母によく言われた。
どうも母から見ると「どうでもいいこと」を「しなければいけない」ことの前に
やっていたようだ。
しかし、私は何事に於いても「どうでもいいこと」などしたことはない。
大体いつだって、どうでもいいことまでやる閑もなかった。

大人になって、仕方なく物事に優先順位をつけざるを得なくなったけど、
とてもそれが残念だ。
そもそも「優先順位」という言葉が嫌いだ。
優先とはなんだ。失礼な偉そうな言い方に私には聞こえる。
優先順位からテキパキと片付けていき、それが「仕事のできる聡明な人」と
考える人たちも好きになれない。

実生活には役に立ちそうもないことをたくさんしたい。
ただ空も見ているとか雨の音を聴いているだけとか犬と話をする・・・
用事がなくてもぼやっと歩く 青空の下で昼寝をする
憧れる
[PR]
by julie9352 | 2015-04-05 00:32 | ひとりごと | Comments(0)

昼寝。

お正月休みの一日、布団を干して昼寝をした。
お正月休みでなくても、休みの日はよく昼寝をする。
三度のご飯より私は手芸が好き。その手芸より音楽が好き。
音楽より好きなのが昼寝。私にとっては極上の喜びだ。
静かな昼下がり、温かな布団に包まれると、心身共に溶けていきそう。
このままあの世にいっても構わないとさえおもう。
冗談ではなく、できたら布団の上で死にたい。

阪神大震災から20年。こんな寒い季節の早朝だったっけ。
倒壊した建物や家具の下敷きになったまま亡くなった人。
昨年の広島の土砂災害で流されて亡くなった人。
オウムの地下鉄サリン事件。ある日突然命を奪われる。
親に虐待されて亡くなる子ども。温かい布団で眠ったことはあっただろうか。
事件、事故、天災、自殺。

たとえ病気でも布団の上(できれば自宅の)から向こう岸に渡れたら
それだけで充分幸せではないかと、最近つくづくおもう。
[PR]
by julie9352 | 2015-01-18 22:46 | ひとりごと | Comments(2)

寒い。

前回ブログを書いたときは暑かった。

寒い。寒いと頭の中も心も白くなる。雪が降らなくても白くなる。
それで、人はいつか死んじゃうんだなとおもう。
当たり前のことだけど、暑いときはあまりおもわない。
だから私は夏が好きなのだ。
せっかく生きているのに死ぬことを考えることはない。

寒いけど夏だとおもって生きよう。
いや、それは無理だ。
冬でもしっかり生きられる人間になろう。
東京の寒さごときで何言ってんだと北国の人に怒られそうだ。
[PR]
by julie9352 | 2014-12-15 22:34 | ひとりごと | Comments(0)

いつか土に帰る日まで。


by くり