いつか土に帰る日まで。

by くり

<   2011年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

帰ってきた!

b0216571_23113055.jpg
近年、息子の帰省以外で、こんなに待ち焦がれたことがあっただろうか。
ギターが帰ってきた!おかえり~ やっと会えたね。すごくさびしかったよー
ギターを預けて、2,3日は、自分の手足がないような気さえした。
次回のレッスンのときには、帰ってきてますよね? とまさと先生も心配してくれていた。
1ヶ月くらいかかります、と言われていたけど、きっと長めに言っているんだと思っていた。
明日はレッスンなのに、間に合わなかったな、1ヶ月以上になるのになぁ、
重症なんだなぁと昨日も考えていたところだった。
地震で、たぶん棚のコンポが当たり、深く長いヒビが2本も入ってしまったギターくん。
名前は石橋くんというのです。
痛かったでしょう。ごめんね。もうどこへも行かないでね。やっぱり弾きやすい。
連休の初日に帰ってきてくれて、ありがとう。
とてもきれいに直していただきました。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-29 23:12 | 音楽 | Comments(2)

計画を立てる。

初夏のような日だった。太陽が眩しい。
地震後の混乱で、サングラスを落としてしまった。落とすなんて、滅多にないのに・・・
サングラスを買いたい。会社に置いている老眼鏡も換えたい。
母が要らない書類の整理をして欲しいと言う。衣替えも手伝わないと。
一日はダンナの実家へ出かけ、もう一日はテレビを買いに行く予定。
後半の土日はゴスペルのイベントとリハーサル。
曲を覚えなきゃいけないし、もちろんギターをいつもよりたくさん弾きたい。
(修理に出している私の愛しのギターはいつ帰ってくるの?早く会いたい!)
そうだ、手芸をする日も。こんなにできるのか?
できるだろう。意志あるところに道は開ける。なんちゃって。
計画を立てられるなんて、幸せだ。
被災した人のことを思うと、本当に何もかもが幸せ。連休は晴天続きのよう。
大勢の子どもが亡くなった小学校で、合同の四十九日が営まれた。合掌。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-29 00:54 | ひとりごと | Comments(0)

適当に。

テキトーではなく、適当に適度にやりたい。
毎日わりあい真面目に生きているつもりだけど、時々バカらしくなるのだ。
バカらしいというより、あまりお人好しやいい子ちゃんを続けていると、疲れる。
自分で自分の首を絞めているような気がしてくる。
適当にできる、ということは賢明な証拠。それに長く続けるためには、適当なことが大事だ。
今回の地震で、一寸先は闇だと実感した。
それで、なぜか『私はもうお人好しはやめる』と夫に宣言した。
たぶん、けっこうこの先もお人好しでいくと思うけど、それも適当にしよう。
本当に、私は自分を解放するのが下手なのだ。
真面目なのではなく、たぶん頭が悪いのだ、と最近の分析結果で分かった。
適当に ゆるりといければいいなぁ
[PR]
by julie9352 | 2011-04-28 00:03 | ひとりごと | Comments(0)

針仕事。

いつでもギターが弾けるように、スタンドに立ててあるのと同じように、針と糸、作りかけのものが
いつも机の上に載っている。スペースがあれば、ミシンも出し放しにしておきたい。
しかし、今は針仕事をする時間があまりない。作りたいものは、山ほどある。
他のことはアイディアなんて浮かばないのに、こんなの作りたいなと次から次へ考える。
刺繍の図案になりそうなものは、とっておく。
布地やボタン、レース、チロリアンテープなどの前は、ぜったい素通りできない。
女の子(子じゃないね)に生まれて、よかった。
ほんの僅かな時間だけど、できるだけ縫う時間を作るようにしている。
今は、来月のコンサートのときファミリーハウスのブースで売る小物を製作中。
赤一色で刺繍をし、それを頼りになるAさんに手さげに仕立てていただく予定。
魔法のように、さささっとミシンをかけてしまうのだ。早くて正確できれい。
ゴールデンウィークは、一日でいいから針仕事の日を作りたい。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-27 00:14 | 手芸 | Comments(2)

仲よしだったんだね。

キャンディーズの3人は、本当に仲よしだったんだね。
今日は仕事だったので、テレビでは見なかったけど、インターネットのニュースが
スーちゃんの告別式を伝えていた。事務所に一人だったのをいいことに、泣いた。
帰宅して夕食を作りながらも、ニュースを見ては泣き・・・
これを書きながらも、泣き過ぎて、頭痛がする。
3人はかけがえのない友だち、きっと友だち以上でしょう。
最後まで3人が仲よしでいられて、本当によかった。
幸せな幸せな人生でした、という感謝の言葉をのこして逝ったスーちゃん。
ずっと闘病していたのに、感謝の言葉を言えるなんて。強くやさしく賢明なひとなんだ。
スーちゃん、天国にきっと病気はないから、みんながいくまで、安心して楽しく待っていてね。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-25 23:26 | ひとりごと | Comments(2)

歌う。

毎年開催している私たちのコンサートを来月に控え、今日は自主練習日だった。
先生はいらっしゃらず、メンバーの中でピアノを弾ける人が弾き、英語の発音をチェック
してくれる人がいて、不安な音や言い回しを復習し、楽しく充実した日曜日だった。
昨日の嵐が嘘のように、快晴。暑いくらい。レッスンであまり会えない仲間にも会えた。
ただいま、と母の部屋に行くと、『寒いわね』 いつも、寒いと言っている。
実際、寒いのだ。手足が信じられないくらい冷たい。
2ヶ月続いた下痢がようやく治まったというか、薬で無理矢理抑えている。
それでも何回目かで、やっと効く薬が処方された。
しかし、痒みがひどい。かゆくて、夜眠れない。
だけど、気分よく帰ってきただけに、具合悪いという現実に戻ると、ゲンナリ。
すっかりいやになって、練習の疲れもあり、眠ってしまった。
(いやになると眠れないのが普通かもしれないけど・・・)
それで、起きて考えたのだけど、いや普段も思う。悩みがなかったら、歌うだろうか。
やさしい人ばかりに囲まれ、お金にも時間にも不自由せず、病気に無縁の生活だったら、
歌うことはないだろう。
歌うことは、私にとって浄化作用があり、祈りであり、もちろん元気の素。
元々、絵も舞踏も演劇も小説も、芸術はすべて生きていくために必要なのだ。
芸術の原動力は、マイナスなことのほうが多いのかもしれない。
それにしても、1曲1曲をちゃんといつでも歌えるようにしたい。コンサートに向かって頑張ろう。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-24 23:49 | ひとりごと | Comments(0)

masato Live

ライブへ行くことから遠ざかっている生活だけど、今夜は特別。
まさとくんのライブ@バックインタウンでした。土曜日は開始時間が早いので、それもうれしい。
数年前まで、BITへ行かない月はなかった。弾き語りナイトにもお邪魔していた。
家から近いだけに、余計ふだん行けないことが残念だけど、仕方ない。
毎回楽しませてくれて、勇気をくれるまさとくん。
あいにくの荒れ模様だったけど、お客さんは一段高い後ろの席までギッシリ。
努力を重ねることの大切さは、彼から教えられたような気がする。
今回は、新曲が3曲。ウクレレの演奏もすてきでした。インストより歌う曲のほうが多かったかな。
まさとくんの曲は、愛や恋より、自然を題材にしたものが好き。
ギターだけの曲もカッコいいけど、バックに流れるオケを全部自分で作っているのは、感心の極み。
チラシも手作り。作詞作曲、MCも、構成も。
足元を大切にしながら、常に先のことを考え、焦らず落ち込まずヤケにならず
生意気にならず、それを毎日やっていくことは、並みの努力ではできない。
本当に、生ギターっていい音色だなぁ 弾く人が違うと、こうも違うのね。
だけど、帰って、もちろんちゃんと練習しました。
早く帰ってきて欲しい!私のギター!
[PR]
by julie9352 | 2011-04-24 00:37 | 音楽 | Comments(0)
女の子の代表のようだった、元・キャンディーズのスーちゃん(田中好子さん)が亡くなった。
ショック。同い年です。20年近く経って、乳ガンの再発。
その20年間だって、いつ再発するかに心穏やかではいられなかっただろう。
女優として、まだまだこれからだったのに。
キャンディーズの時代は、世の中が明るかった。
家族が揃って見られるようなテレビ番組が多かった。
キャンディーズの3人の中でも、一番普通の女の子らしい愛くるしさを持っていたスーちゃん。
見ているだけでうれしくなるような笑顔。
スーちゃん、夢と希望をたくさんありがとう。
闘病は、心身ともにどんなにかつらかったでしょう。ゆっくりやすんでください。
いつまでも、スーちゃんの笑顔がおじさんたちの心の支え、安らぎになりますように。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-23 00:37 | ひとりごと | Comments(0)

花冷え。

寒い。
4月は寒暖の差が大きい。私はこの季節がきらいだ。
暑いか寒いかのどちらかにしてもらいたい。
着るものに困る。スプリングコートなんて、洒落たものは持ってない。
要するに、今日は機嫌が悪いのだ。
母の具合がよくならない。入院する前の2月末とほとんど変わらない。
80歳になって、よくなろうと考えるのが図々しいのだろうか。
かわいそうなのと、腹立たしいのと、自分が動けないイライラで、爆発寸前です。
とにかく今夜は寝よう。
ただ、『花冷え』という響きはきれいだ。
曲の題名にしてもいい。作曲なんてできないけど。
日本語は美しい。今夜はそれだけが救いのような気がする。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-21 23:53 | ひとりごと | Comments(0)

もう少しだけ。

最後の詰めが甘いと、自分で思う。
8~9割までは頑張るけど、最後近くになると気力体力が続かなくなり、
けっこう頑張ったんだからと、妙に納得してしまう。
あまり頑張ると身体に悪いとか、前回よりはいいからと急に自己肯定に入る。
もう少しだけ。
もう少しだけやってみよう。違う景色が見えてくるかもしれない。

今月始めて、ゴスペルのレッスンに出た。
久しぶりに大きな声を出して、今だけちょっとハスキー。
コンサートまで1ヶ月と1週間。曲、ちゃんと覚えなきゃ。
歌うって本当に喜びが湧いてくる。泉のように。
健康にもいいんですってね、と言う人がいるけど、そういうことじゃないのよ。
好きなことは、何でも健康にいいのです。たとえ健康に悪いことでも。
[PR]
by julie9352 | 2011-04-21 00:08 | ひとりごと | Comments(0)