落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クリスマス。

街中はクリスマスムードでいっぱい。飾りつけがきれいだ。ピカピカしている。
我が家も玄関やリビング、トイレの中もクリスマス。
自分で刺繍したミニ額や最近始めたかんたんなドライフラワーのアレンジ。
自己流だけど、楽しい。ただ、あまりピカピカしないようにしている。母がきらいなのだ。
戦争で酷い目にあった母は、何がクリスマスだ、クリスチャンでもないのに、アメ公の宗教行事
なんて、日本人はバカだと例年怒っている。だからケーキもチキンも食べない。
クリスマスの頃になると、いつも思う。
サンタさんへ。何も欲しくありません。今ある幸せを持っていかないでください。
恵まれない子へ愛の手を、とよく言うけど、恵まれない子を気にかける意識を多くのひとが
持ってくれればと願う。
今年は特に、未曾有の大災害があり、クリスマスどころではない人がたくさんいる。
今年より来年、来年より再来年、灯りがひとつずつ増えていきますように。
[PR]
by julie9352 | 2011-12-21 00:19 | ひとりごと | Comments(0)

声援。

自分の演奏をDVDで見た。こわいもの見たさのようなもの。
見たい気持ちと見たくない気持ちは、3:7かな。
10月のギター&ウクレレ発表会がDVDになった。
まさと先生から受け取って、10日ほど放っておき、ついに勇気を出して見たのだ。
どの曲も同じ歌い方だし、表情が暗い。暗いというより悲壮感が漂っている。
途中からは見ていられなくなり、DVDの中の自分と一緒に歌っていた。
自分で自分に声援を送った。できれば、ひとからの声援のほうががいいのは言うまでもない。
それで気がついたのだけど、声援って大事だ。
最近は、声援が一番うれしいかもしれない。
せっかく言語を持つ人間に生まれたのだから、好きな人にはできる限りの声援をおくりたい。
[PR]
by julie9352 | 2011-12-20 00:01 | ひとりごと | Comments(0)

来年の手帳。

まっさらな手帳に予定を書き入れるときは、うれしい。新しい気持ちになる。
大抵、始めに書き込むのは、ゴスペルとギターのレッスン。
来年も楽しく歌えるといいな。これができたら、もう何も要らない。
何も、というわけにはいかないけど、お金で買えないものの価値に囲まれる生活をしたい。
[PR]
by julie9352 | 2011-12-13 00:22 | ひとりごと | Comments(2)

もう師走。

早い。子どもの頃のように、ゆったり時間は流れてくれない。
この年齢になると、どうしても『さよならだけが人生だ』になってくる。
そう悲観的に毎日考えているのではないけどね。
昨日は、ゴスペルチャリティライブだった。13曲も歌った。
以前ほどレッスンに出られなくて、あやしい曲もだいぶあったけど、久しぶりに気合いを入れて
歌ったので声は枯れ、クワイアの人数の多さで暑く、頭痛がした。だけど、とてもとても楽しかった。
先生と高校の同級生の方が持っているアートスペースで、アートをはじめ演劇や歌、能など
いろいろなジャンルのイベントをするところのようだ。昨年もここで歌わせていただいた。
『先が短いから毎年同窓会やってるんだよ。それでも毎年一人くらい逝っちゃうんだ』と先生。
大学の同好会のOB会も、2年に1回だったのが毎年になった。
先月そのOB会があり、とても幸せなことに豪華なメンバーにギターやハモをしていただいた。
どんな高価なものより、旅行へ行くより、上手なプロの演奏を聴くより、これが一番うれしい。
あれ?題は師走だった。
ゴスペルで仲よくしている同年代のひとりはご主人が亡くなり、ひとりは自宅が火事になり、
それに今年は東日本大震災。つらい悲しい年だった。
母も病気にこれでもかというくらい痛めつけられた。
義母は入院中で、入居できる施設を捜している。
だけど、歌える限り頑張れると思う。歌える環境にただただ感謝。
[PR]
by julie9352 | 2011-12-04 22:55 | ひとりごと | Comments(2)

いつか土に帰る日まで。


by くり