いつか土に帰る日まで。

by くり

<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ふしぎな話。

小学生の頃、飼っていた犬の名前は「ワナ」だった。
弟と私の間で意見がまとまらず、仕方なくワンちゃんと呼んでいたところに、近所の子たちは
「名前ないの?じゃあ名無しの権兵衛だ」と言い、ワンちゃんの「ワ」と名無しの「ナ」でワナとなった。

ワナは捨て犬だった。
前の飼い主は病気のワナを、我が家の玄関前の植え込みに置き去りにした。
母が看病し、飼うともなく我が家に住むことになった。
既に成人(成犬)だったワナは、小学生の私より地位が上と思っていたようだ。
私が毎朝散歩してあげたのに、2度も噛まれた。
気の強い性格で、どんな大きな犬にもひるまず向かっていった。
その頃、私は散歩の途中よくワナに話しかけた。気の弱い私は、学校でその頃強引なクラスメイトに
振り回された。いじめという程ではなかったけど、いやで一人でいることが一番好きだった。
ワナは迷惑そうだったけど、そんな話をしたのだった。

9~10年程前、うつ病を患っていたある日。どうしても頭痛の抜けないことがあった。
頭痛薬も効かず、気分転換に外へ出てもだめ、飲んだり食べたりしても、どんどん痛くなり、
激痛になってきた。病院へ行ったところで、出してくれる薬は同じ、他の処置のしようもない。
でも痛い。何時間も過ぎ、仕方なく寝ていた。ふと気配を感じ、目を開けると、ワナが私の右足の
あたりに坐っている。あれ?ワナと思った途端、すーっとワナは居なくなり、頭痛は消えていた。

助けに来てくれたんだね、ワナ。
と同時に、私の生きている間、もうワナは助けてくれることはないだろうと感じた。
今度会うのは、あの世だ。あの世にいく道は分からない。ワナ~って呼ぶから迎えに来てね。
[PR]
by julie9352 | 2013-03-24 14:38 | ひとりごと | Comments(2)

過去。

週末の暖かな道を歩いていて、思い出したことがある。小学生の頃。
母と弟と出かけた帰り道、弟が急に「後ろ向きに歩いてみよう」と言い、歩き出したところ、
バランスを崩し倒れてしまった。そこへ偶然通りかかったパトカーのおまわりさんが、大丈夫ですか?と。
具合が悪くて倒れたと思ったようだ。すみません、ふざけて後ろを向いて歩いていたんです。
アハハ、家まで送ってあげよう、と3人をパトカーに乗せてくれたのだった。
僕、元気だね、何年生?などと言われ、家の前で降ろしてくれた。のどかな時代だ。

思い出は、いつも美しい。色褪せることはない。

前向きに生きられないときは、思い出に浸る。そうしよう。いい方法だ。

未来に希望がない訳ではないけど、不安もある。でも、過去は厳然たる事実のみ。
その動かない事実に、忘れがたい思い出までもがある。すばらしいことだ。
何でもっと早く気づかなかったんだろう。前向き、前向きって言い過ぎない?

武田鉄矢さんが言っていた。今の自分を支えているのは、過去の自分だけだって。
今の自分にプライドがあるとすれば、過去の自分のがんばったこと。
さすが、金八先生、いいこと言うなぁ

あの頃はよかった、とばかり言うほど年をとってはいないけど、あの頃の瑞瑞しさを思い出すと、
心の中に灯火がともるような気がする。
[PR]
by julie9352 | 2013-03-17 23:51 | ひとりごと | Comments(0)