いつか土に帰る日まで。

by くり

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

久しぶりに好きな曲シリーズを再開したくなった。
まだまだたくさんあるのに、浮かんでこなかったのは疲れていたからだろう。
声も疲れると出なくなる。
いつも木曜日くらいが一番keyが低い。カポ1フレット変えることもる。

陽ざしの中で 布施明さん 作曲は大好きな吉川忠英さん
私のギターソフトケースには、忠英さんのサインがある。
バックインタウンでライブのとき、いただいたのだ。

忠英さんのCD『Guitar by Guitar』にこの曲はおさめられている。
もちろんギターのインスト。今聴いてるけど、泣いちゃう。
季節の変わる気配に   のところのメロディが特に好き。
大抵、私は詞に惚れてしまうのだけど、この曲はメロディ。

もちろん詞もすてき。愛だの恋だのって大人は騒がないんだよと言ってるみたい。
詞は関 真次さんという方。この方を私は知らない。

演奏してみたいな。無理かな。男性の詞だけど、歌ってみたい。
ギターインストっていう手もある。たぶん10年早いだろうけど・・・もっとかも。
[PR]
by julie9352 | 2014-01-28 22:50 | 音楽 | Comments(0)

初ライブ。

昨夜は、何回か出演させていただいている荻窪アルカフェで初ライブでした。
『アルカフェスタ☆Women's Voices 』という企画のvol.21だそうです。
6組が出演。私以外は、どうして?ずるいよというくらい上手でした。
特にトリのユニットは、ロックをアコギでやってしまうという迫力あるステージ。
ヴォーカルの歌唱力はすばらしかった。

以前は自分の不出来に打ちひしがれてばかりいたけど、最近は大丈夫。
人と比べるものではないと納得すると気が楽になった。
楽になってばかりではいけないと、今朝は早速練習しました。集中できた。

① 花嫁
② みずいろの手紙 セリフも言っちゃいました。
③ 冬の夜~冬景色
④ A World Of Our Own

①、④は弟と森田くんがハモってくれて(もちろんプラス ベースとギター)
②はギターとベースをちょっと入れてくれて、③は一人で。

最後に『夜明け』(ハンバートハンバート)を演奏する予定だったけど、時間切れでカット。
持ち時間は20分と連絡をいただいていたのに、5曲というのは無理なのでした。
そりゃ無理だよと皆に言われ、反省。反省する前に計画立てるよ、普通と言われた。
大丈夫、次回からは普通にできる。
相変わらず写真のないブログでした。
[PR]
by julie9352 | 2014-01-12 22:02 | 音楽 | Comments(0)

練習中。

最近練習している曲は、『みずいろの手紙』 『花嫁』 『会いたい』
『A World Of Our Own』 The Seekers の曲です。
『花嫁』と『A World Of Our Own』は弟の選曲で、
弟と弟の友だちがハモってくれます。
The Seekers で有名な曲は、『Georgy Girl』でしょうか。

『みずいろの手紙』は、てがみ 読んだら 少しでいいからのフレーズの
て♪が♪み♪ と音の降りてくるところが、とても好きで以前から演奏したかった。

『花嫁』は原曲とKeyが合うので嬉しいけど、息継ぎが難しい。
クライマックスのヴォーカルのような声量はないので。

『会いたい』は、沢田知可子さんのヒットで知られたけど、作曲は財津和夫さん。
財津さんはさらっと歌っていて、できれば財津さんのように。
この曲は歌もギターも難しく、お蔵入りになっていたものをお蔵から出してきた。
onコードが多く、指がつりそうになる。つりそうではなく、実際に何度もつっている。
私は背が低いので、手も小さく、指も短いのだ。
でも、自分でやりたいって選んだのだから、文句は言えない。


『A World Of Our Own』は、昨年弟たちと練習したとき録音したものを
繰り返し聴いている。出だしが、むかしローラースケート靴を履いて歌った
ジャニーズ事務所の男の子たち 何ていったけ・・・
ようこそ ここへ 踊ろうよ パラダイス♪ の曲に似ている。

弾き語りはほとんど日本語の曲だったけど、英語が嫌いなわけではない。
今年は洋楽(って呼び方は古くさいけど)も演奏したいなぁ

 
[PR]
by julie9352 | 2014-01-03 00:30 | 音楽 | Comments(0)

新しい年。

晴天でわりあい暖かな元旦だった。

このブログの存在を知っている人は、とても少ない上に、滅多に更新しないので、
もう誰も遊びに来てくれないかもしれない。
でも、今年もよろしくお願いします。
今年はもう少し書こう、と確か昨年も言ってたっけ。。。

喪中なので、あまりご馳走も作らず、弟一家も来なくて、静かな元旦だった。
昨年、夫の母が夏に、夫の父が秋の終わりに亡くなった。
二人とも長く入院していたけど、二人相次ぐとは思わなかった。

たくさん書きたいことがあったのに、仕事、家事、母のお供、ギター、ゴスペル、
ボランティアと毎日くたくただった。
文章を書くかと思うと、気が遠くなりそうだった。
だけど、好きなことがたくさんできた。
好きではないこともあるけど、好きなことのため頑張れる。
人生って、きっとそういうものだろう。

今年もくたくたになるまで動きたい。
[PR]
by julie9352 | 2014-01-02 00:25 | ひとりごと | Comments(2)