落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

よろしく。

幼い頃、母と一緒でない外出のとき、きまって帰りに言われた言葉がある。
「お母さんによろしくね」

よろしく? よろしくってなんだろう。
○○のおばさんが、「よろしく」って言ってたよ、と伝えなきゃいけないのだろうか・・・
とおもいながら、帰ったものだった。

しかし、「よろしくって言ってた」と伝えたことは一度もない。

大人になった今でもよく分からない。よろしくってなんだ?

他に言葉の浮かばないとき、考えるのが面倒なとき使うのかもしれない。
文章の最後に書くと、座りがいい。仕事ではよく使う。
でも、なんとなく押しつけがましいような気がする。
よろしくと言われると、よろしくしなくてはいけないような・・・
よろしいのが当たり前のような・・・よろしくないときだって、あるんじゃない。

深く考えることでもないけど、なるべく「よろしく」以外の言葉を使いたいのだ。
[PR]
by julie9352 | 2014-09-25 23:30 | ひとりごと | Comments(2)

今日の歌。

地下鉄を待っていたり、道を歩いているとき、急にメロディが浮かぶ。
メロディは他人の曲で、本当は作詞作曲ができるといいけど・・・

昨日ラジオで流れていたとか、歌手の名前を目にしたというきっかけが
ある訳ではなく、突然どうしてだか心の中にわっと入ってくる。
入ってくるだけでなく、実際に歌う。まぁ小声だけど、街中だから。

日曜日買い物をしているときは、エイトマンの歌だった。

♪光る海 光る大空 光る大地 行こう無限の地平線♪
♪走れエイトマン 玉よりも速く 走れ胸を張れ 鋼鉄の胸を♪

昨日、仕事中に浮かんだのは、『シンシア』 
拓郎とかまやつさんが南沙織のことを歌った曲。
今日は『Amazing Grace』 但し1番だけ。2番の歌詞はすっかり忘れてる。

日々は忙しく過ぎていき、結構充実している。
事件、事故、天災、病気にも遭わず、仕事、家族、趣味にさえ恵まれている。
幸せとおもわなければバチがあたるにちがいない。
でも、私はよく虚無的になる。どうしようもなく虚無的になる。
一日に一回、それ以上はぜったいになる。何もかも、どうでもいいと。

「今日の歌」が浮かばなくなったら、きっとあの世にいくときだろう。
とりあえずは、明日も元気に歌おう。
[PR]
by julie9352 | 2014-09-09 22:11 | 音楽 | Comments(5)

遥か。

はるか。
音の響きがきれい。歌詞にもよく登場する。

でも辞書には、「距離または年月の遠くへだたっているさま」
「程度の甚だしいさま」 「気持ちの上でかけはなれたさま。気が進まないさま」
と容赦がない。

遥か向こうは、対岸より遠い気がする。
だって対岸は見えるから。

ただ、遥か向こうにも陽が当たり、風が吹き、雨が土に沁み込む。
ここと同じように。
そうおもうと、少しだけ救われる。血が通ってくる。
[PR]
by julie9352 | 2014-09-07 23:10 | ひとりごと | Comments(0)

いつか土に帰る日まで。


by くり