落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

星に願いを。

昨日、日付がかわったから一昨日は七夕。
商店街や病院などで願い事の短冊がかけられた笹の葉を見かけた
信心深くないのか、必死に願い事をしなくて済む恵まれた環境にいるのか、
あまり願い事をしたことがない。

ただ一つ。
最近のバングラデシュの襲撃テロ、東北、熊本の地震、毎日起きる事件、事故、自死。
たくさんの若い命がなくなっていく。
若くない命だって、長寿日本に於いてはまだまだこれからだったはず。
私の手伝っているファミリーハウスを利用する子供も、ご家族の身を粉にするような
看病の甲斐なく亡くなる子もいる。
亡くなった人の数だけ遺族がいる。「族」だけでなく、友だちや恋人がいる。
遺された人は少なからず後悔する。後悔するだけでなく自分を責める。
こうしてあげればよかった、守ってあげられなかった、こうなったのは自分のせい。

あなたのせいではありません。
どうか自分を責めないでください。
自分を責めている人が、自分を責めなくなりますように。
[PR]
by julie9352 | 2016-07-09 00:43 | ひとりごと | Comments(0)

石の上にも三年。

先週の土曜日はギター&ウクレレ発表会だった。
正式名は、発表会より自由にやりましょうという意味で「夏のイベントライブ」
まさと先生が年2回、1月と7月東京に出て来て開催していた発表会だったけど、
夏はそれが難しくなり、今回は田山翔太くんの仕切りだった。
まさとくんの後、教えてもらっている嘉一先生もこの春から農業に携わることになり欠席。
ちょっとさびしかったけど、めずらしく、超めずらしく落ち着いて演奏できた。
ウクレレの皆さんも「ギター上手になりましたね」と言ってくださった。
おもわず返した言葉が、「ありがとうございます。石の上にも三年です」
実際は3年でなく、10年。
人の2倍から3倍はかかると思ってやってきたので、なるほど10年。

ようやく、やっと、本当にやっとこさっとこ間違えずに演奏できたのだった。
上手くできた訳ではない。つっかえたり、コードを間違えたり、それ以前は緊張で
指が動かない声も出ない、その前は頭が真っ白になり、何が何だか分からない、
膝は震え、毎回寿命の縮む思いだったのが、どうにかギターを弾きながら歌うという形になった。
人前で一人でギターを弾きながら歌うなど、私にとっては真っ暗な海に小舟を漕ぎ出すようなもの。
ずっと小舟を漕いできた。これからも漕いでいこう。
ゴスペルの先生が仰るように、音、歌詞、構成を憶え、意味が分かって初めて歌うと言うんだ。
b0216571_23333519.jpg

[PR]
by julie9352 | 2016-07-06 23:33 | ひとりごと | Comments(2)

いつか土に帰る日まで。


by くり