落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

もう少しだけ。

最後の詰めが甘いと、自分で思う。
8~9割までは頑張るけど、最後近くになると気力体力が続かなくなり、
けっこう頑張ったんだからと、妙に納得してしまう。
あまり頑張ると身体に悪いとか、前回よりはいいからと急に自己肯定に入る。
もう少しだけ。
もう少しだけやってみよう。違う景色が見えてくるかもしれない。

今月始めて、ゴスペルのレッスンに出た。
久しぶりに大きな声を出して、今だけちょっとハスキー。
コンサートまで1ヶ月と1週間。曲、ちゃんと覚えなきゃ。
歌うって本当に喜びが湧いてくる。泉のように。
健康にもいいんですってね、と言う人がいるけど、そういうことじゃないのよ。
好きなことは、何でも健康にいいのです。たとえ健康に悪いことでも。
[PR]
# by julie9352 | 2011-04-21 00:08 | ひとりごと | Comments(0)

雨。

朝は慌しかったので、寒さを感じなかったけど、気がついたら寒かった。
久々の雨。植木の水遣り、今朝は要らないんだと寝ぼけた頭で雨の音を聴いていた。
晴れの日ばかり続くと、雨が恋しくなる。そして、作物に雨は重要。たぶん人間にも。
人生、晴れの日ばかりではない、とよく言われる。
晴ればかりでは育たないことは、作物も人間も同じこと。
なのに、どうして晴ればかりに憧れるのか。
上手くいかなかったことや、いやな思いは消し去ってしまおうとするのか。
でも、やはり消したい。だから、水に流す、っていうんだ。
なんて、ブツブツ言っていられるのは、あまり困っていないからだろう。
たくさんのものが、ものだけでなく、家も家族も思い出も職場も学校も希望も流されてしまった、
今回の震災。雨のように泣き続く時間がとり戻せますように。
もうこれ以上の雨が降りませんように。どうか『その先』が一日も早く見えますように。
[PR]
# by julie9352 | 2011-04-19 23:14 | ひとりごと | Comments(0)

自家発電。

ちょっと元気のないメールをもらったとき、『誰も元気をくれないから、自家発電している』と
返信したことがあった。『自家発電はいいですね!』とかえしてくれた。
何といっても、自家発電の方法はギターを弾き、歌うこと。
もっと手軽なのは、コーヒーを飲む、チョコレートかアイスクリームを食べる。
それと大好きな昼寝、うたた寝。15分寝るだけでも、かなり元気になる。
すぐ寝られて、すぐ起きられるのは特技に入るかもしれない。
人から元気や勇気をもらうこともあるけど、自分のことは自分が一番よく分かるから、
こまめに充電しながら、やっていこう。
[PR]
# by julie9352 | 2011-04-18 23:49 | ひとりごと | Comments(0)

蕾(つぼみ)と新芽。

午前中、鉢の植え替えをした。
祖母はガーデニングが大好きだった。その頃は、『ガーデニング』なんて呼ばない、園芸かな。
母もたくさん花を咲かせていた。引っ越す前の家では、よく手伝いをさせられた。
休みの日、好きなことをしようと思うと、手伝ってと言われ、えー!と思うこともあった。
でも、やはり花の咲くのはうれしい。玄関まで何段か階段のある家で、いつも必ず花があった。
小さな小さな庭には、椿やくちなしが植わっていた。
今の住まいに越して来てから、母はもうほとんどできなくなり、仕方なく私がやることになった。
はじめは仕方なくだったけど、意外とはまり、今は余計な口をきく人間よりいとおしい。
冬の間中、寒さと風にさらされ、ようやく植木くんたちにうれしい春がやって来た。
ヘベレケになった枝に小さな芽がついいている。
去年はじめて植えたレモンなんとかという植木は、たくさんの蕾をつけている。
どんな花が咲くか楽しみ。都忘れももうすぐ咲く。
水遣りをしながら、君たちは偉いね、と話しかける。
昨日、めずらしく多少調子よかったので、一緒に植え替えをすると言っていたのに、
また具合が悪くなってしまった母。花は慰めになるだろうか。
新芽のように、息を吹き返して欲しい。
[PR]
# by julie9352 | 2011-04-18 00:12 | ガーデニング | Comments(0)

言葉。

うれしいときは感情をそのまま言葉にしていい。
人を褒めるときや感謝の気持ちを伝えるときは、遠慮することはない。
だけど、自分の気の済むためだけに言葉を使うべきではない。
分かっちゃいるけど、あ!と思ったときには発してしまう。
母は私のことを『強くなった。言うことがきつい』と言う。
『そう?私が強くなったんじゃなくて、ママが弱くなったんでしょ。』と答える。
心の中では、「よく言うよ。自分はもっときついこと言ってたくせに」とも思う。
本当に弱くなったのだから、普通のテンポもつらいのだからと思うものの
四六時中思いやってはいられないのだよ。
言葉だけでもやさしくしてあげられればいいけど、「言葉だけ」というのは到底無理で
やはり感情そのものになってしまう。そのものよりも、少しは柔らかくしているつもりだけど。
一言多いと、よくいうように、ちょっと手前で辞める訓練をしよう。それができれば苦労しない。
人間だけが持っている(でもカラスもしゃべっているように聞こえるけど)言葉だから
賢く使いたいと切に願うこの頃です。
[PR]
# by julie9352 | 2011-04-17 00:28 | ひとりごと | Comments(0)

いつか土に帰る日まで。


by くり