いつか土に帰る日まで。

by くり

日常。

風が強く、小雨の一日だった。なので、洗濯はできなかったけど、ふつうの週末。
裕ちゃんが帰って来た。お正月以来。地震直後は、大袈裟でなく、
もう生きて会えないかもしれないと思った。
同じ死ぬにしても、最後にもう一度裕ちゃんに会いたかったと強く思ったものだった。
東京にいる私でさえ、こんな心境なのだから、亡くなった方の無念さ、亡くした方の悲しみは
察するに余りある。

昨夜はめずらしくお酒を飲み、深夜帰宅。仕事のミーティング。ミーティングと称しての飲み会ではなく。
1年に2,3回も飲まないので、全く飲めなくなってしまい、二日酔いの量でもないのに、
今朝は頭痛がした。
起きて家事をし、頼んでいる工事の業者さんが来たり、電話がかかってきたり、
昨夜ギターを弾けなかった(これも年に2,3回のめずらしいこと)ので、ギターを弾き、
第一生命の人が午後来たりと動いているうちに頭痛は消えた。
夕方裕ちゃんと母のお見舞いに行った。2人部屋だけど、今はひとりで、とても静か。
前回の入院もこの環境だったら、よかった。もっと自分たちの要望をはっきり伝えるようにしよう。
お腹はゴロゴロするものの下痢は治まっているとのこと。ある薬が災いしていたらしい。
その薬が災いすることは、4%くらいだそうだけど、弱っているときは通常起き得ないことが起こるのだ。
自分の基準でなく、母の体力の基準をベースに考えないといけない。
まぁ、それを考えるのは医師だと思っていたけど、本人と家族なのだということが、今回よく分かった。

気にするほどの悪いこと ないなら土曜日 花でも買って帰ろう♪
拓郎の何ていう曲だっけ・・・ 詞は安井かずみさんだったと思う。 そういう週末
仏壇の花が枯れてきたけど、車で病院に行ったので買えなかったのが残念。

これから夕飯を作る。特記事項のない日常が一番幸せ。
[PR]
# by julie9352 | 2011-04-09 18:17 | ひとりごと | Comments(0)

今日から。

さっき、また地震があった。長く揺れた。震源地は宮城県とのこと。
新たな被害が、これ以上出ないよう祈るばかり。
大地さま、真面目に暮らしますから、もう怒らないでください。
真面目に暮らしている人ばかりが、ひどい目にあった震災・・・
それなら、どう生きればよいのか。

母が再入院した。
もっと心をこめてケアしてあげれば、よくなったかもしれない。
本当は、家にいてもよいのだろう。長引くと、心がこもらなくなる。
あーまたか。うんざりだ。ごめんね。かわいそうだ。
その繰り返し。
[PR]
# by julie9352 | 2011-04-07 23:59 | ひとりごと | Comments(0)