いつか土に帰る日まで。

by くり

季節

日本には四季があり、それぞれに楽しませてくれる。
近年は夏と冬が長く、春秋が短いような気がしてちょっと残念。
寒いのは苦手で夏大好き人間だけど、かと言って一年中暑いのもねぇ
季節の挨拶ができるのも四季があってのことだろう。

人生にも季節があることは過ぎてみて分かる。
仕事の季節 子育ての季節 駆け足の季節 立ち止まってばかりの季節
家族が大事な季節 家族以外の人のほうが好きな季節
振り返ると、そういう季節だったんだなぁ

誰のせいでも なにかが欠けていたのでもなく
ただ、そういう季節だったと思うと
どの季節もなつかしい。
そして どの季節も もうこの手にはかえらない。
[PR]
# by julie9352 | 2017-01-28 22:29 | ひとりごと | Comments(0)

シャコバサボテン

3~4年前ゴスペルの友だちからもらったシャコバサボテン。
真っ赤なのはよくあるけど、これは薄いピンク。儚い(はかない)色。
寒くなると家の中に入れてあげる。
今年も蕾をたくさんつけたところで、私の部屋に。
咲き始めてからはリビングに置いている。
時々肥料をやるくらいで特別な手入れもしないのに、
毎年この時期楽しませてくれる。
えらいねぇ君は。なごり雪も降るときを知り♪ のように
植物も咲く時期を知っている。
人間もそうだといいのに。
間違えてずっと咲いているような人は疲れる。
ひっそりといきたい。
今年もありがとう。
b0216571_22523068.jpg

[PR]
# by julie9352 | 2016-12-07 22:52 | ガーデニング | Comments(0)

還暦~①

b0216571_2325611.jpg
10月に還暦を迎えた。今、とても元気。
幼い頃はからだが弱く、10代後半から20代後半までは問題なかったけど
産後うつにはまり、30代は頭痛に悩まされた。40代はうつ病に支配されてしまった。
50代はまあまあだったので、60代はもっと元気になりたい。
年金もちょっとだけど受け取れることになり、とってもうれしい。
誕生日の前日から手続きできるということだったので、誕生日の翌日、
スキップしたいようなルンルン気分で年金事務所に出かけた。
住んでいる自治体から、無料の入浴券をあげますという葉書が届き、
これも早速いただきに行った。
銭湯なんてお風呂場を工事した日くらいしか行ったことがなかった。
元々お風呂好きではなく、温泉もそれほど興味はない。
でも銭湯って行ってみると、からだの芯から温まり、帰ってからもぽかぽか気持ちがいい。
いろいろと私にもストレスがある訳で、銭湯は安上がりどころか無料で家から近く
しばし幸せに浸れることが分かった。
写真は銭湯に行くときのバッグ。
[PR]
# by julie9352 | 2016-12-05 23:21 | ひとりごと | Comments(0)

10月

前回のブログは7月でした。あらまあ、なんと月日の経つのが速いこと。
昼間はまだ蒸し暑いけど、秋の気配。
秋になると、ならなくても、やりたいことはいっぱい。
ベースを弾きたい!
本を読みたい。
もちろん手芸をもっともっとしたい!
英語の曲を歌いたい。ゴスペルではなくギターを弾きながら。
ゴスペルの発音をもうちょっと英語っぽくしたい。。。
車に乗って一人でどこかへ出かけたい。
お菓子を作りたい。
犬と話がしたい。無理かな。
犬飼ってないけど、近所に老犬がいて、連れている人もおばあさん。
おばあさんより、犬のほうがヨタヨタしているけど、とても魅力的。
人間のおばあさんはたくさん(我が家にも)いるけど、おばあさんより老犬と話がしたい。

身辺整理をしています。今はじまったことではなく年中しています。
早寝早起きの生活をしたい。けっして寝坊ではないけど、本当はもっと早朝に起きたい。
なので、もう寝よう。とりあえず。
[PR]
# by julie9352 | 2016-10-02 00:17 | ひとりごと | Comments(0)

星に願いを。

昨日、日付がかわったから一昨日は七夕。
商店街や病院などで願い事の短冊がかけられた笹の葉を見かけた
信心深くないのか、必死に願い事をしなくて済む恵まれた環境にいるのか、
あまり願い事をしたことがない。

ただ一つ。
最近のバングラデシュの襲撃テロ、東北、熊本の地震、毎日起きる事件、事故、自死。
たくさんの若い命がなくなっていく。
若くない命だって、長寿日本に於いてはまだまだこれからだったはず。
私の手伝っているファミリーハウスを利用する子供も、ご家族の身を粉にするような
看病の甲斐なく亡くなる子もいる。
亡くなった人の数だけ遺族がいる。「族」だけでなく、友だちや恋人がいる。
遺された人は少なからず後悔する。後悔するだけでなく自分を責める。
こうしてあげればよかった、守ってあげられなかった、こうなったのは自分のせい。

あなたのせいではありません。
どうか自分を責めないでください。
自分を責めている人が、自分を責めなくなりますように。
[PR]
# by julie9352 | 2016-07-09 00:43 | ひとりごと | Comments(0)