落葉の物語

kuriwana.exblog.jp
ブログトップ

初恋の丘

3月になると、私の中では『初恋の丘』
この曲を始めたのが3月だった。10年近く前のこと。
リズムが難しく、歌も難しく、
由紀さおりさんのようにふわっと歌えなくて(当たり前と言えば当たり前だ)
この曲ばかり猛烈に練習したのだった。
ちょうどお彼岸の連休、出かける用事がなかったので、一人合宿のように
繰り返し繰り返し部屋で弾いていた。

作詞は北山修さん
作曲者は当時知らなかったけど、自分が歌うにあたって調べると
渋谷毅(たけし)さんというジャズピアニスト
奥様もジャズピアニストなのだそう。
70歳を過ぎても精力的にライブ活動をなさっているらしい。格好いい!
最近私のレパートリーに加わった『生きがい』も渋谷さんの曲。

まだまだ知らないことばかり。
還暦少し前から物を減らすようにしていて、人間関係もこれ以上は要らないな
でもよい本と曲にはたくさん出会いたい。
出会ったら、できれば歌いたい。

写真は名前は分からない、冬になると毎年咲いてくれる黄色の花。
菊の一種なのだろうか。黄色の服は着ないけど、黄色の花は明るくて大好き。
b0216571_22392849.jpg

[PR]
# by julie9352 | 2017-03-10 22:39 | 音楽 | Comments(0)

今日のサラダ①

イルカさんに『サラダの国から来た娘』という曲がある。
長い間歌っている私のレパートリー。
イルカさん自身の作詞作曲で、ヒット曲の『なごり雪』よりも
彼女らしい雰囲気のある曲だ。
それにしても、『サラダの国』ってなんだろう・・・
作詞作曲した若い頃、きっとせっせと恋人にサラダを作ってあげたのだろう。

我が家の今日のサラダは、芽キャベツ、塩トマト シーチキン コーン
それにいただきもののマヨネーズをかけた。
瓶に入ってキューピーの絵がたくさん、それに2017と印刷されている。
芽キャベツは八百屋さんで15個くらい入った袋を買おうとしたら、
こっちのほうが安いよ、と50個くらい入った大袋を勧められた。
多いのに安い。だって仕入れのとき大袋のほうが安かったんだとお兄さん。
当分芽キャベツだ。塩トマトは固くて味が濃くて好きなのだ。

日々の営み、おいしく食べられる幸せ。
b0216571_23504197.jpg

[PR]
# by julie9352 | 2017-03-08 23:50 | 料理・お菓子・生活 | Comments(2)

ひな祭り

b0216571_22204228.jpg
昨日はひな祭り。
仕事から帰って作る元気はなかったので、今日ちらし寿司を作った。
きれいにできたわね、と母。写真を撮ればよかったな。

昨日は息子が休みでケーキを買ってきてくれた。
最近私の疲労が蓄積している。
単純な人間なので、ほとんど寝れば治るはずなのに、疲れがとれない。
特別寝不足ではなく、風邪もひいていない。でも疲れる。
全身に「疲労」を塗られたみたいに。
なぜか。母である。
時間や身体よりストレスで倒れそうだった。

ケーキはとてもおいしかった。
[PR]
# by julie9352 | 2017-03-04 22:20 | ひとりごと | Comments(0)

クリスマスローズ

b0216571_22252473.jpg
咲きました。
よく見かける濃い紫色ではなく、私の部屋側のベランダにある
クリスマスローズは白よりややクリーム色。
昨年は2つ3つくらいしか咲かなかったけど、今日気がついたら
5つくらい開花、つぼみもまだある。うれしいな。
冬の花壇はさびしく、頑張っているのはすみれとガザニアくらいなので
ほんのりとした色合いのクリスマスローズは、今日の暖かさと共に
私を和ませてくれた。

5~6年前マンションの大規模修繕工事があり、ベランダの植木は
隅に寄せておいてください、と言われ、ギュウギュウ詰めにされた中でも
そっと咲いていてくれたっけ。日陰でもよく咲いているのを見かける。

それにしても、下を向いて咲いている。
せっかくきれいなんだから顔を上げれば?
[PR]
# by julie9352 | 2017-01-29 22:23 | ガーデニング | Comments(0)

季節

日本には四季があり、それぞれに楽しませてくれる。
近年は夏と冬が長く、春秋が短いような気がしてちょっと残念。
寒いのは苦手で夏大好き人間だけど、かと言って一年中暑いのもねぇ
季節の挨拶ができるのも四季があってのことだろう。

人生にも季節があることは過ぎてみて分かる。
仕事の季節 子育ての季節 駆け足の季節 立ち止まってばかりの季節
家族が大事な季節 家族以外の人のほうが好きな季節
振り返ると、そういう季節だったんだなぁ

誰のせいでも なにかが欠けていたのでもなく
ただ、そういう季節だったと思うと
どの季節もなつかしい。
そして どの季節も もうこの手にはかえらない。
[PR]
# by julie9352 | 2017-01-28 22:29 | ひとりごと | Comments(0)

いつか土に帰る日まで。


by くり