晩秋

寒くなってしまえば 寒さには耐えられるけど
その途中 いろいろなことを思う
過ぎてしまったことを 無理矢理 肯定したり
まだ起きていないことを 心配したり
でも日常は 幸いなことに雑多で
深く考えないうちに 冬が来る
温かさにくるまれると
幸せを確認することができる

15年くらい前に書いた詩です。

年末まさとくんは、故郷・北見へ帰ってしまいます。
帰省ではなく、活動拠点を移す、つまり引っ越してしまいます。
ガーン ガーン ジーン 
ずい分前から決まっていたことだけど、近づいてくるとさびしい、悲しい、ショック。
その決心を聞いてから、すぐインフルエンザに罹り、その後ひどい腰痛に悩まされました。
身体は丈夫なのですが、ショックを受けると体調を崩すようです。

ご実家の農業を継いで、音楽活動を頑張る。
音楽活動も、ではなく、まさとくんなら 農業と音楽活動を頑張るでしょう。
東京にもたくさん出て来ます、と言っています。
もちろん今まで通り、今まで以上に応援していきます。

でもでもでもでも、ずっと11月ならいいのに。
[PR]
by julie9352 | 2012-11-29 21:59 | ひとりごと | Comments(2)

1日おいて、今日は第11回ギター&ウクレレ発表会でした。
私にとっては、ハードスケジュールだけど、ライブ感のあるうち続けて演ったほうが
いいですよ、と先生のご意見。
今回は2曲だから、2日前に9曲演奏したことを考えれば楽なはずだけど、
そう世の中甘くないのでした。
予想はしていたものの練習不足。
1曲は同じ曲(冬景色と冬の夜のメドレー)だけど、もう1曲(もしもピアノが弾けたなら)は
イントロのCmが飛びました。バカバカ
もっと練習したかったけど、私のキャパシティでは、9曲(正確には10曲)以上
入りませんでした。
それにしても、10回以上も演っているっていうのに、どうしてステージに上がると
あぁなるの???
相当落ち込んだまま帰宅したら、夕陽がきれいで泣いたりしていました。
おばさんが泣いても絵にならないので、わりとすぐ泣き止みました。
また明日から頑張ります。相当懲りない性格だなぁ
[PR]
by julie9352 | 2012-11-25 23:45 | 音楽 | Comments(0)

一夜明けて。

奇跡は起きないので、演奏は反省することばかり。
だけど、とても幸せな夜でした。宝物になりました。

まさとくん、対バン(初めて使ったこの言葉)志音の眞奈美ちゃん、嘉一くん。
来てくださった皆様。遠くから応援してくださった方。
アルカフェのだんさん。理解してくれた家族。
ありがとう。

セットリスト(これも初めて!の言葉)です。

1.僕のうた 赤い鳥
2.初恋の丘 由紀さおり
3.散歩 ガロ
4.冬景色~冬の夜 唱歌
5.戦争は知らない カルメンマキ フォーククルセイダース
6.サラダの国から来た娘 イルカ
7.亜麻色の髪の乙女 ヴィレッジシンガーズ
8.ひだまりの詩 ル・クルプ
9.襟裳岬 森 進一

志音さんと
1.木綿のハンカチーフ 太田裕美
2.涙くんさよなら 坂本九
[PR]
by julie9352 | 2012-11-24 23:34 | 音楽 | Comments(2)

1週間前。

正確には、もう1週間ない。
大ベテランの先輩お二人、弟も来てくれることになった初ライブ。
今の心境と言えば、太平洋に一人漕ぎ出す小船に乗った気分。
でも、そんな消極的な気持ちではなく、小船でも工夫して漕いでいけばいい。

10年ほど前、鬱病を患ったとき、真っ黒な海に一人放り出された絶望的な気持ちが
来る日も来る日も続いた。対岸も見えなければ、つかまる板切れさえない。

練習をたくさんしたところで、上手く運ぶと甘く考えてはいないけど、
つくづく幸せな日が訪れたなぁと感謝している。
[PR]
by julie9352 | 2012-11-18 22:57 | ひとりごと | Comments(0)

2週間前。

初めてのライブが、(56年も生きてて初めて!)約2週間後になった。
話下手だけど、MCも考えている。毎日練習している。
着るものも考えなきゃ。スカートのきつくないの。やだね、おばさんって。

しかし2週間前は、私にとって鬼門。
ゴスペルコンサートの前もそうだけど、2週間前くらいは、なぜかうつ状態に陥る。
今回もそうだった。今週は落ちた。肩凝りがひどく、頭痛が続いた。

こんなことしなければ、夜テレビでも見て楽だろうなー
母の具合を気にしながら、時間のやり繰りするのは、正直つらい。
恥かくために、しなくて済む苦労をしているようなもの。

などと、考える。ではなく、そんな愚痴も出ないほど疲れきってしまう。

だけど、それがライブってものでしょ。生活の伴わない歌なんて誰も感動しない。
待てよ、伴っても感動しないか・・・
それでも私はライブをするのだ。頑張ります。今は元気。
[PR]
by julie9352 | 2012-11-11 00:16 | ひとりごと | Comments(0)

こぼれる。

涙がこぼれるときは、零れると書く。
いっぱいになって外に出る、あふれるときは、溢れる。
だからなんだって言うことはないけど。
毎日少しずつこぼれているなぁって、秋の穏やかな日に思うのです。

小さな掌(手の平)なんだから、少しだけ入るだけすくえばいいのに、
力量がないのに欲張るから、こぼれる。
欲張ってというよりは、いつの間にか大事なことが増えてきて
自分で言うのもなんだけど、お人好しなので、あっちもこっちも捨てられない。

心をこめてやっているつもりでも、きっと少なからずこぼれているだろう。

こぼれたものなんて、いつの間にか自然乾燥するものだから、気にしなくて
いいのかもしれない。それに、それほど繊細な人間でもないはず。

ないはずだけど、こぼれたものを考えると、じわっと涙が滲む。
だから秋はきらい。
[PR]
by julie9352 | 2012-11-04 23:37 | ひとりごと | Comments(0)